学ぶよろこび.comのユーキャン通信講座/メンタルヘルス・マネジメント検定

ユーキャン無料資料請求/メンタルヘルス・マネジメント検定

 

 

資格を取りたいなら、老舗の信頼あるスクールを選んでください。
学ぶよろこび.comでオススメします。取得実績あるユーキャンは創立:1954年(昭和29年)6月から60年以上の永きに渡り、信頼と実績を通販で全国展開で、価格も受講生が続けやすい手頃なお値段なのが魅力ですよね!

 

とくに現在旧キャンではさまざまなキャンペーンをおこなっていて、わかりやすい解説や取り組み方で講座を受けられます。
実際に体験した方、合格した方の話なども聞けるので受験し合格したから終わりではなく。
ユーキャンに合格は、将来あなたが仕事を持つ上でのステップであり就職へのサポートも充実していますのでまたまた安心して受講できますよ。
まずは、この機会に、メンタルヘルス・マネジメント検定の無料の資料請求を請求してからじっくりお手元でお考えてください。

 

 

Q

メンタルヘルスマネジメント検定を合格した人は何か役に立ちましたか

A

メンタルヘルス,メンタル疾患(うつ病など)は他の病気と決定的な相違点として理解できない、理解しようとしない人が必ずいます。そしてそれが偏見と言う形でいじめの材料になれば事態はさらに深刻になります。
ガンとかであればレントゲンで病状の説明を受ければ中学生くらいでも理解できますし他の怪我や病気も健康診断や検査の結果(数値やレントゲンなどの写真)で説明が必ずつく問題です。
しかしメンタル疾患は形で病気と判断できないものなので行動や状態変化などから察するしか手段がありません。それを的確にとらえて医療につなげる橋渡し的な役割を担う事になります。
自分もうつ病を軽度ですが患っていますが、この試験の勉強を通じて同僚の行動が何かメンタル疾患を抱えているのではと上司に進言して上司が適切に対応した所、やはり何らかのメンタル疾患だったそうで2ヶ月程度の療養休職になりました。

 

無知だからと言って放置しておくことは上司失格ですし自殺にまで発展する可能性もありますので自己及び同僚のそのような事を食い止める意味でも正しい理解をする事は重要です。

 

この試験では何も医療行為に関する知識を学ぶものではありませんが医療につなげる橋渡し的な役割として必要性の高い知識と言えます。

 

関連質問

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ ランキング 早わかり 特集 ぴったり診断